本文へスキップ

コトパンジャン・ダム裁判とは


2002年9月・2003年3月、インドネシア住民8396人が提訴



 コトパンジャン・ダムは、インドネシア・スマトラ島中部のほぼ赤道直下にある、高さ58m・堤長258mの水力発電ダムです。
 1996年に日本のODA(政府開発援助)約312億円で、東電設計鰍ノよる設計・建設監理のもとで建設されました(東電設計鰍ヘ東京電力グループの会社で、福島第一原発の設計も行っています)。水没面積は124平方km、山手線内の約2倍です。
 「希望の村」と呼ばれるほどみのり豊かなコトパンジャン地域がダムに沈められ、約5000世帯・23000人が家や農地を奪われました。強制移住先は、水がない、農業ができないなど、まともな生活できる場所ではありません。「日本の援助で建設されたコトパンジャン・ダムは私たちに恩恵をもたらしたのではなく、ただ長い苦しみと被害だけをもたらした」「インドネシア政府と日本政府がコトパンジャン住民をゆっくりと殺そうとしている」 と住民たちは語ります。 

2009年9月、東京地裁が不当判決



 東京地裁では約7年かかってにわたり審理が行われました。口頭弁論は25回を数えました。
 参議院ODA特別委員会の与野党5人の国会議員が現地調査に入ったり、中学校の副読本に掲載されたりなど、社会的にも注目される裁判となりました。
 しかし東京地裁・中村也寸志裁判長はODAダムがもたらした強制移住・生活破壊・自然環境破壊には全く目を向けないばかりか、事実認定さえ行わず、被告の日本政府・東電設計・JICAの主張だけを丸飲みした不当判決をくだしました。
 人権感覚欠如、「援助」に関する国際的ルールや常識からもかけ離れた判決です。

・東京地裁不当判決に対する抗議声明 >>

原告・被告・求める判決


<原告(控訴人)>
インドネシアのダム被害者住民 5921人
WALHI(インドネシア環境フォーラム[インドネシア最大の環境保護NGO])

<被告(被控訴人)>
日本国、JICA(国際協力機構)、東電設計

<求める判決>
ダム撤去(原状回復)勧告をインドネシア政府に行うこと
損害賠償(住民ひとりあたり500万円)

------------------------------

もっと詳しく知りたい方はこちらを

リーフレット

 2012年1月作成、A4×2ページ(PDF)
 こちらから >>

2002年提訴から東京地裁判決・控訴まで

 2011年5月作成、A4×38ページ (PDF-3.5MB)
 こちらから >>

コトパンジャン・ダム
被害者住民を支援する会

〒162-0815
東京都新宿区筑土八幡町2-21-301
www.kotopan.jp,  info@kotopan.jp

 

ボランティアスタッフ募集中です。お気軽にご連絡ください。


Last Update : 2014/1/18
Since     : 2002/8/3 
Access Counter :



日本で初めてのODAを問う裁判

日本のODA(政府開発援助)によるコトパンジャン・ダム建設で、インドネシア・スマトラ島では23,000人がふるさとを強制的に奪われました。5,396人の現地住民が原状復帰と補償を求め、日本政府・JICA(国際協力機構)・東電設計(=東京電力グループ)を被告として、裁判中です。
 日本政府はODAの基本理念を「開かれた国益の増進」としています。「援助」とは名ばかりです。「国益」=グローバル大企業の利益のために、地元住民を犠牲にした「海外版ムダな公共事業」を行い、さらには原発までODAを利用して輸出しようとしているのです。
 「国益」のための「援助」、住民泣かせの「援助」はやめさせましょう。ぜひ、裁判にご支援お願いします。



(ダムの呼称について)

 インドネシア・スマトラ島の住民・自治体・マスコミは『コトパンジャン(Kotopanjang)』と言います。 
 一方、日本政府・インドネシア政府は本件ダムを『コタパンジャン(Kotapanjang)』としています。
 Kotoは地元ミナンカバウ語、Kotaはジャワ語でいずれも「町」を意味します。現地の言葉・文化を尊重する立場から、私達は『コトパンジャン・ダム』としています。